最短審査時間はあくまで目安であると考えよう

プロミスの審査時間は最短30分となってるので、申し込みをすればすぐに回答が来るというイメージを持っている方は少なくありません。プロミスが30分で審査結果を出せるのはなぜか、と疑問に思われる方もいるでしょう。

 

審査の大部分は、膨大なデータベースからさまざまな情報を照らし合わせて機械的に行われ、最後に人間による審査が行われ結果が出されます。つまり、機械的にスコアリングを行うことで時間を短縮しているのです。

 

しかし、口コミや評判などを見てみると、早かったという感想もあれば時間がかかったという感想もあります。実際に、プロミスの審査は、30分で終わるのでしょうか?

 

提出した情報によっては審査が長引く

初めて消費者金融を利用するという方の場合は、30分ほどで審査結果が出ることが多いようです。しかし、申し込むときに入力した情報や信用情報の内容によっては、審査時間が長引くこともあります。ブラック情報や返済の延滞などがある場合はすぐ審査に落とされますが、提出した情報に確認事項があるとそれの確認のために時間がかかります。属性や信用情報が審査時間に影響するということをしっかり認識しておきましょう。しかし、問題が何もない場合でも審査時間が長引くケースもあります。

 

審査時間は申し込むタイミングにも左右される

24時間いつでも申し込みができるため、それぞれが申し込むタイミングもそれなり分散されてきています。しかし、それでも申し込みが集中する時期や時間帯がないわけではありません。そうした混みあった時間帯に申し込んでしまうと、審査される順番によっては待機時間が長くなってしまうために審査時間が長引いてしまうのです。

 

これを回避するための方法は、申し込みが集中しそうな時期や時間を避けることです。完璧に把握することはできませんが、ある程度予想することはできるかもしれません。

 

例えば、春であれば学校が始まるので教育費用として借り入れたり、夏の時期であれば旅行費用として借り入れたりする人が増えてくるので、時間がかかるかもしれません。

 

最短30分と書いてあっても、実際にはさまざまな要因で審査が長引くことがあります。すぐに結果を出してくれると思っているとがっかりしてしまうこともあるので、過度の期待はしないようにしましょう。申し込むときは、できるだけ時間を取られないように細心の注意を払って自分の情報を提出し、混みやすそうな時期に申し込むのを避けるようにしましょう。

 

それでも、時間がかかることを見越して余裕を持って申し込むことをおすすめします。