総量規制を意識して希望額は押さえめに

プロミスに限らず、全ての消費者金融キャッシングは総量規制の対象となっています。借りられるお金に大きな制限が付くのでデメリットのように思われがちですが、借りすぎを防止するという面で利用者はこの規制に守られています。そのため、大きな金額を借りようとしても、審査に落とされるか、落とされなくても希望額を引き下げるよう求められます。そうなると、審査時間も長引き、スムーズに融資してもらうのが難しくなります。そういった状況に陥らないために、申し込みの時点で総量規制というものを意識して、できるだけ確実に融資してもらえるように希望額を出す必要があります。

 

最高限度額で融資してもらえることはまずない

プロミスでは、最高融資限度額が500万円となっています。しかし、実際にこの金額で融資を受けることは、ほぼ不可能です。初回の利用ではプロミス側からの信頼を得ていないため、どれだけ高収入であっても50万円以上の希望額はほぼ通りません。では長年利用していて、増枠してもらった場合は最高融資額まで借りられるのでしょうか?可能性はいくらかありますが、それでも確率は低いでしょう。

 

年収と総量規制

プロミスは、総量規制の対象になっており、年収の3分の1以上の融資はできません。そのため、借りられる最高額は各人の年収によって違います。年収が100万円の方は33万円まで、年収が600万円の方は200万円まで借りることができます。プロミスの最高融資限度額である500万円を借りるには、年収が1500万円以上必要になります。これくらいの年収があるならキャッシングで借りる必要性は薄いと判断され、逆に審査に落とされてしまうこともあるようです。

 

本当に必要な金額だけ借りる

基本的に、希望する額は必要な分だけにしておくべきです。多めに借りてしまうと余裕ができてしまうため、余計なことにまで使ってしまい、そのせいで返済が大変になるなどのデメリットが発生します。また、総量規制のことを考えるなら、無理な金額はどうやっても借りられないということは想像が付くでしょう。

 

総量規制は、利用者の借りすぎを防止するために設けられた制限です。高額融資を受けられないことで多少不安に思われるかもしれませんが、それ以上に返済の延滞や多重債務、債務整理、自己破産などに陥るほうが大きな問題です。そういったことを回避し、そしてできるだけ問題を少なくした状態で審査してもらいましょう。