目立った欠点が見つからないのに審査に落ちる

審査に落ちたら最初にすべきことは、自分に問題がなかったかを確認することです。審査に通らないのは、申込者の属性に問題がある、信頼性が低い場合がほとんどです。また、これらの基準を満たしていても、信用情報に傷があれば審査に確実に落とされてしまいます。

 

再度申し込むには、自分の問題を解消する必要があります。しかし、場合によっては「何も欠点が見つからない」と頭を抱えている方もいるかもしれません。見えない欠点とは何か、見ていきましょう。

 

審査に落ちる原因の一つは評価の低さ

安定した収入があれば職種形態は問われないとされていますが、それでも評価が高いもの(公務員、正社員など)や低いもの(パート、アルバイト、派遣社員など)などは存在します。それと同じように、さまざまな項目で評価の違いがあるため、属性スコアリングでのそれぞれのポイントが低いと融資可能な規定値まで届かなくなります。

 

問題がすぐにわかるようなものであれば、それを改善すればチャンスはありますが、問題が分からないあるいはすぐに改善するのが難しいケースもあります。

 

適切な商品を選択していない

自営業者は、どのような用途にであれ、フリーキャッシングを利用することができません。しかし中には、プライベート目的で借りるからフリーキャッシングでも大丈夫だろうと考えて、そちらに申し込んでしまう方が少なからずいます。当然、プロミスの規定に反してしまうので、審査に落とされてしまいます。商品の説明は、細かなところまで確認しましょう。

 

用途の伝え忘れ

主に、目的ローンやおまとめローンの利用を考えている方が、そのことを伝え忘れている場合も少なくありません。用途を伝え忘れると自動的にフリーキャッシングの申し込みとして扱われてしまい、希望額が大きい、または総量規制を超えているなどの理由で審査に落とされてしまいます。

 

知らないうちにブラック状態になっている

「今までどこからも借り入れたことがないから信用情報に問題はない」と考えていませんか?実は、ブラック状態になる条件は返済の延滞や債務整理だけではありません。商品の分割払いもクレジットでの購入にカテゴライズされるため、支払いが何度も遅れるとブラック状態になります。

 

また、携帯会社と契約して携帯端末などを購入している場合、携帯料金に端末料金が含まれていることがあり、これが商品の分割払いとして扱われています。つまり、今まで借り入れしたことがない、商品を分割払いで購入したことがなくても、ブラック状態に陥っている可能性があるのです。